映画とかCOJとか


by nauraya
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ジャック・バウアーVS鏡 映画のショックシーンは容赦しないぞ!編

土曜日に「ミラーズ」を観て来ました。

主演が「24」のジャック・バウアーで有名なキーファー・サザーランドという事ですが、そのまんまジャックでしたので、映画中ずっとどきどきキャンプの音声で見ることになりました。

しかし、この映画、ホラーだってのは知られていると思いますが、ジャックが出るということで24ファンの人が興味半分で見に行く事が多々ある事と思います。

が、普通のホラー映画に比べて相当気持悪いのでそこら辺の覚悟もなく、24好きの彼女を連れて行ったりすると、24時間以内に彼女との中が悪くなる事受け合いです。

私みたいにSAWが普通に見れる人は大丈夫ですがw
気持悪さで言えば、SAW5よりもミラーズの方が高かったかと思います。


映画開始最初、何かから必死に逃げる男。
やがて行き止まりのロッカールーム内についてしまい、そこにあった鏡を恐れながら、鏡に写った自分が割れた鏡の破片でクビを切ると、現実の自分の首も切れて血しぶき飛び散り。

この首が切れていく部分もしっかり真正面から写してくれるサービス度合いに、
私の隣に座っていたカップルの女性が彼氏に向かって
「きもちわるい…ねぇ?なんでこんな映画みなくちゃいけないの!?」
ちょっとキレてました。

酒に酔った勢いで同僚を撃ち殺してしまったため、警察を辞め、妻とは離婚で別居、妹の家に居候中で休職活動している主人公(ジャック・バウアー)が、5年前に火事で焼け落ちた巨大デパートメイフラワーの警備の仕事を貰う。

主人公は元アル中でキレやすい性格なんで、妻とやり直したくても、つい怒って上手くいかず。

とかとか、細かい設定が無理なく映画に盛り込まれているところがいいです。

最近、原作小説とか見ないと細かいところがよくわからんって映画多いですが、なんで火事のあったデパートを未だに警備するのかとかも「保険会社と未だに法廷で争い中」だからとか理由がさらりと出てきます。

冒頭から鏡が何か特別な力を持っていると示されましたし、題名もミラーズなんで、主人公の前にもさっそく不思議な出来事が起こり始めるあたりも、テンポよくて良いです。

火事でぼろぼろなデパート内だけど、なぜか綺麗に磨かれた鏡は、冒頭で死んだ男=前任者の警備員が手入れしていたとかとか

デパート内にこだまする絶叫と鏡にしか写らない火事の当時の犠牲者とおもわしき女性、鏡に写る自分が燃えたり、鏡のヒビとともに傷つく手

そして、前任者の財布から出てきた、鏡が示した、火事を起こした5年前の警備員が探してた「エシェカー」とは何者なのか

主人公が鏡が怪しいとすぐに気付くわけですが、アルコール依存を直す強い薬の副作用で幻覚を見ていると妻からは疑われたりで、自分も幻覚を見ているのではないかと思ったりなど、回りの人が信じない状況とかの進め方も無理がない。

やがて、鏡の脅威は主人公の周りの人間にも…妹が犠牲になり、最愛の家族にも及び始めます。

この妹が死ぬシーンは多分、08年の映画中もっともショックなシーンなんで、しっかり見ておきましょう。
映画館内ではちょっとした悲鳴が聞こえてましたが…w

簡単に言うと、口ン中に手突っ込んで上下に引き裂き~
これを真正面からノーカットで見せた挙句に翌日の警察の現場検証でもぱっかり空いた感じを見せてくれます。フクロウオもびっくり。

そんな訳でどうしてもショックシーンが注目されがちですが、大雑把につくりがちなホラー映画ではなく、丁寧にストーリーを展開する良作かと思います。
布石なども大体は解り易いものですが、最初に出てきた手形の意味にはちょっと注目。

ちなみに正解率0%といわれる真相ですが、まぁ見る前はダレでも大体0%なんじゃねーのw
それでも最後の最後の部分を見たときに、アレがアレに繋がるのかーとちょっと関心しました。

個人的なポイント
息子(6歳ぐらい)の部屋に日本製萌えアニメのポスターがいっぱい飾ってあった
主人公が色んな人から情報を引き出すところがまんまジャック・バウアー
銃を突きつけて「俺と一緒にこい!」とかねw

という事で、気持悪いの大丈夫な人は観に行ってみよう。
[PR]
by nauraya | 2008-12-31 15:55