映画とかCOJとか


by nauraya
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

第一回、店側も孤独のグルメ

東京に10年住んでるあたしですが、客が全くはいっていないけどやっていけるのだろうか…よっぽど不味いんだろうかと、性格的なおせっかいでふらふらと流行っていない店に入ることが良くあり、失敗成功喜怒哀楽悲喜交々あるんで、これってトリビアになりませんか?

じゃなくて日記のネタになるかなと思いました。

土曜日の話しですが、いつも気になっていた客の全くはいってないラーメン屋に行く。

荻窪はラーメン激戦区とかたまに言われますが、それほど美味しくもないのに、無駄に行列の出来る春木屋ってラーメン屋から永久橋方面へ向かう路地にある道路に面していない天沼商店街にあるのが今回のラーメン屋「風味堂」

なんかチェーン店かと思ったら、そうでもないらしい。

訪れたのが、5時半という微妙に晩御飯の時間でもないが、晩御飯の時間でも人が入っていることを見たことがない。

基本はスタンダードな煮干の醤油ラーメンのようですが、オススメになっていた台湾屋台ラーメンの味噌味の食券購入。醤油よりも味噌派なんで。

それとピリ辛ひき肉のせご飯となぜかトッピングにはないのに、おつまみにあるメンマを頼む。

店内は4,5人のカウンターと4,5人のテーブル席が二つ。

店主とバイトのお姉ちゃんの2名体制だが、客はあたし一人。

メニューはなんか種類あるんだかないんだかでちょっと解りづらい感じ、食券制なのになぜかメニュー表があって色々と食材の説明が書いてあったりね。

それと薬味バーとして、奥のテーブルに入れ放題の薬味とこのラーメンにはこの薬味がオススメとかの説明が書いてあったけど、そっちまでいくのがめんどかったので使わず(店そんな広くないけどね)

店の雰囲気は悪くなく、店員さんの応対も丁寧。

まずはおつまみメンマ。これは美味しい。メンマ好きのあたしも納得。

一人しかいないから、すぐにラーメンも完成。ご飯も完成。

台湾屋台ラーメンはピリ辛ひき肉をのせたラーメン。

そして、ピリ辛ひき肉のせご飯。

ラーメンとご飯で炭水化物とピリ辛ひき肉がかぶってしまったな…

ひき肉のせラーメンで辛いで坦々麺ぽいかって言うとそんな感じでなく、味噌ラーメンにひき肉ラー油をのせた感じか。

ピリ辛ひき肉も普通のひき肉でなく、肉と唐辛子をカットして混ぜ合わせたって感じでひき肉としては大きめ。

もやしもネギもしゃっきりポンで麺も美味しく。

ピリ辛ひき肉のせご飯は高菜とひき肉半々がのっていて、ひき肉の辛さが高菜で中和されて丁度いい感じ、これだけ丼で食いたい!

てか普通に美味しいなこのラーメン。

台湾屋台ラーメンのしめにはラーメンおじやがオススメと書いてあったので、ライス小を追加して味もお腹も満足。

客がいないので全く期待せずに入ったのだが、以外な穴場だった。

正直、ここよりも味が下で人が入ってる店は荻窪にいっぱいある。
前述の春木屋よりも美味いと思う。
チェーン店の中村屋なんて味はどって事ないのに人はいってるしなー

やはり道路に面していないのがネックか、場所的に通り側に看板を設置するのも無理だろうし。
それと深夜にも営業すればいいんじゃないかと思う。まぁ簡単にはいかないんだろうけど。

第一回目がそこそこ成功したので、日曜日に第二回を早速やってみたんですが、まさかあんな事になると思いませんでした。
[PR]
by nauraya | 2010-03-30 00:29